電力サービス切り替えで地元のスポーツ振興 企業価値向上も提案

エネルギーソリューション事業部 営業担当 後藤 貴伸(2017年7月入社)
エネルギーソリューション事業部 営業担当エネルギーソリューション事業部 営業担当
コンサルタント紹介STAFF VOICE

電力コストが削減できれば、様々な取り組みに使えるはず

削減した電気代、地元のスポーツ活動に対するスポンサー費・活動費に

私が担当したお客様は、企業として地域のスポーツ振興に力を入れておられました。地域で排出される廃棄物を回収し、再度地域に還元するリサイクル事業を運営しておられる企業で、そのリサイクル工場の電力契約について担当させていただきました。

代表の方がお忙しく、なかなかお会いすることができませんでしたが、偶然お時間を頂戴できた際、電力契約を切り替えることで毎月の電気料金がどれぐらい削減でき、その分を地元のスポーツ活動に対するスポンサー費・活動費に充てられることをご提案しました。

すると、ちょうど更なる振興策に必要な費用の捻出にお困りのところだったとのことで、大変喜んでいただけました。

リミックスでんきでも、文部科学省のプロジェクトに寄付

電力小売市場が自由化されたいま、電力契約を見直すことで、従来の電気料金を削減できることは確実です。当然、単純にコスト削減としてとらえることも可能ですが、リミックスでんきでは、これまでに多くのお客様にご契約いただくなかで、意外にも少なくないお客様が、削減分を企業価値向上のための様々な取り組みに投資される例を拝見してきました。

私たちも、ご縁があり文部科学省の海外留学支援プロジェクト「トビタテ!留学JAPAN」に電力事業の販売収益の一部を寄付させていただきました。当社では他にも様々なかたちで社会へ還元し、CSV(Corporate Social Value、企業の社会的価値)の向上を目指し取り組んでいく予定です。

環境活動や地域貢献のアイデアも提案します

リミックスでんきでは、電力サービスの販売代理店として自社のオリジナル電力サービスブランドを立ち上げる事業者様にも協力した実績があります。地域のスポーツチームを応援する電力プランや、特定の業界に特化した電力プランなどです。

電力切り替えでコスト削減した際にも、自社ビジネスとして提供する場合でも、「電気」という有資源を通して取り組む環境活動・省エネ活動・地域貢献など、様々なかたちで浮いたコストの活用方法があるのではと思います。

そういったご相談にもベストなご提案ができるよう、今後とも皆さまが実現する「未来につながること」を支援してゆける営業担当としてがんばりたいです。

担当したご契約者

スポーツ施設

四国電力エリア:Oゴルフクラブ様

年間電気料金 1068万円 契約電力:227kW
164万円削減
15.4%
ページの一番上に戻る