オール電化で新電力に切り替えるのはお得か徹底検証!

オール電化で新電力に切り替えるのはお得か徹底検証!

電気代を節約するために新電力に切り替えたいと考えている人は多いかと思います。新電力は、従来からある大手電力会社(地域電力会社)と比べて電気料金が安い場合が多いのが魅力的ですよね。

そして、多くのオール電化世帯が契約しているのがオール電化プランです。ここでは、オール電化の場合の新電力への切り替えについてまとめました。

オール電化が安かった理由とは?

オール電化とは「オール電化住宅」のことで、調理や給湯、暖房などに使用するエネルギーをすべて電気でまかなう住宅のことを指します。電気代とガス代の基本料金を1本化でき、経済的なのがオール電化の大きなメリットで、以前は今以上に安いプランが提供されていました。

オール電化が安かった理由として、原子力発電がメインだったということが挙げられます。原子力発電では常に一定量で発電を続けるため、夜間は電気が余る傾向にありました。その余った電気を使ってお湯を沸かしておく「エコキュート」を利用することで、安い料金プランを可能にしていたのです。

しかし、東日本大震災がきっかけで多くの原子力発電所は停止に追い込まれました。現在でもほとんどの原子力発電所は稼働しておらず、代わりに火力発電が用いられています。そのため、東日本大震災以前と同じ料金プランの提供は難しくなっているのが現状です。

昔からのオール電化プランはキープした方が良い

東日本大震災以前にオール電化を始めた場合には、そのままのプランを継続するのがおすすめです。一般的に新電力は安いと言われていますが、新電力のオール電化プランでも大手電力の以前のオール電化プランほど安くはありません。そのため、切り替えると損をする可能性が高いといえるでしょう。

最近のオール電化プランは新電力と比較を

東日本大震災以降にオール電化を始めた場合には、新電力のオール電化プランに切り替えると電気代が安くなる場合があります。以下では、東京電力のオール電化プランおよび新電力のオール電化プランについてご紹介します。なお、電気料金については昼間200kWh、夜間200kWh使用した場合を比較しました。

東京電力
プラン名:スマートライフS/L
昼間200kWh、夜間200kWh使用した場合の料金:10,432円
供給地域:関東
解約時の違約金:なし
Webサービス「くらしTEPCO webのポイントサービス」を提供しています。自動交換コースではポイントが自動的にPontaポイント/Tポイントとして貯めることができます。都度交換コースでは、貯まったポイントを好きなタイミングでWAONポイント/nanacoポイント/Pontaポイント/dポイントに交換できます。

出光昭和シェル
プラン名:オール電化プラン
昼間200kWh、夜間200kWh使用した場合の料金:10,366円
供給地域:全国
解約時の違約金:なし
「カーオプション」を選ぶと、ガソリン車の場合は1カ月に100Lまでガソリン代が2円/L割引になります。また、電気車の場合は月の電気料金が200円引きになります。車を持っている人にとってはとくにお得なプランだといえるでしょう。

CDエナジーダイレクト
プラン名:スマートでんきB/C
昼間200kWh、夜間200kWh使用した場合の料金:10,432円
供給地域:関東
解約時の違約金:なし
スマートでんきBは契約電流10A~60Aの家庭が対象、スマートでんきCは契約容量6kVAの家庭が対象です。電気料金100円あたり1ポイントが付与され、貯まったポイントは提携先のポイントに交換することができます。また、家族が電気またはガスの契約をしている場合には「家族ポイント割」を利用することができます。

HTBエナジー
プラン名:ぜんぶでんき
昼間200kWh、夜間200kWh使用した場合の料金:10,254円
供給地域:全国(四国・沖縄エリアを除く)
解約時の違約金:あり
東京電力のスマートライフS/Lと比べると、夜間の電気料金がさらに安く設定されています。また、「ぜんぶでんき割」で毎月の電気代が55円割引になります。

エルピオでんき
プラン名:深夜お得プラン
昼間200kWh、夜間200kWh使用した場合の料金:11,387円
供給地域:関東
解約時の違約金:なし
東京電力では午前1時から午前6時までが夜間料金であるのに対し、エルピオ電気では午後23時から午前6時までが夜間料金で利用できます。午後11時から午前1時までの電気使用量が多い場合には、節約しやすいといえるでしょう。

J:COM電力
プラン名:お得タイムS/L
昼間200kWh、夜間200kWh使用した場合の料金:10,329円
供給地域:全国
解約時の違約金:あり
東京電力から乗り換えると、昼間、夜間ともに料金が2%安くなります。契約時に適用されている電力会社割引は、J:COM電力に乗り換えた場合でも同額が割引されます。

比較検討してから新電力に切り替えよう!

オール電化の場合には、新電力への切り替えが必ずしもお得とは限りません。昔からの安いオール電化プランに加入している場合は、そのままのプランを維持するのがおすすめです。しかし、最近オール電化を始めたのであれば新電力のオール電化プランを検討するべきだといえるでしょう。

電気代は毎月の固定費のため、安いプランに切り替えることで長期的な節約につながります。お得なオール電化プランを用意している新電力も多くあるので、ぜひ現在のプランと比較してみてください。

電気代削減シミュレーションをしてみる ▶

新電力カテゴリの最新記事