大気汚染が引き起こす環境問題にはどんなものがある?個人でできる対策もご紹介!

大気汚染が引き起こす環境問題にはどんなものがある?個人でできる対策もご紹介!

環境問題について考えたいと思ったとき、大気汚染について関心を持っている方も多いのではないでしょうか。人間が社会活動をする上で、ある程度の大気汚染は避けられませんが、近年ではますます深刻化しています。
本記事では、大気汚染の原因や大気汚染が進むと現れる問題、その問題に対して人類がすべき対策などについてご紹介します。

大気汚染の原因とは?

大気汚染は、人々が豊かな生活を送ることで引き起こされるものの1つです。
工場などが生産活動を行うと、大気汚染物質が排出されます。また、自動車などの物流においても排出されることもあります。
特に1960~1980年代には工場から多くの二酸化硫黄などが排出されたことから、工場地帯を中心に、大規模な大気汚染が発生したとされています。現在では、大気汚染防止法により、工場や施設ごとの排出規制、地域ごとの総量規制、自動車排出ガスの許容限度の設定などによって抑制が図られています。

大気汚染物質の種類

大気汚染物質には自然発生するものと、工場などから発生する固定発生源などがあります。大気汚染物質に指定されているのは以下のような物質です。

ばい煙

・硫黄酸化物
・ばいじん
・有害物質5種 など

粉塵

・一般粉塵
・特定粉塵 など

自動車排出ガス

・一酸化炭素
・炭化水素
・窒素酸化物 など

これらの大気汚染物質は呼吸器などの悪影響を与えるとされています。

大気汚染が進むと現れる問題

大気汚染の原因となる物質が、空気中で人間や動植物に害のある物質に変化すると、さまざまな問題を引き起こすとされています。

酸性雨

大気汚染物質が大気中で硫酸や硝酸などの酸性を持った物質に変化し、それが雨に溶け込むと、酸性雨に変化します。酸性雨は強い酸性を持っており、植物を枯らしたり、建物の表面を溶かしたりするなど、さまざまな影響を与えます。

PM2.5

PM2.5とは、直径が概ね2.5μm(マイクロメートル)(1μm=1mmの千分の1)以下の超微小粒子の汚染物質を指します。小さいため目に見えず、知らず知らずのうちに肺の奥まで入ってしまうこともあり、喘息や気管支炎などの呼吸器系疾患や循環器系疾患などのリスクを上昇させると考えられます。そうなると、多くの人間の健康に影響が出てしまう可能性があるでしょう。

光化学スモッグ

自動車の排気ガスや、工場からの排煙に含まれている汚染物質が、太陽光を浴びて変化し、「光化学オキシダント」という有害物質に変化したものです。大気中に大量にたまると、白いモヤがかかったように見えます。
のどや目の痛みなど人間の健康に影響を与えたり、植物に害を与えたりするとされています。

私たちがすべき大気汚染対策

大気汚染は人間の健康や環境に害を与えるため、世界中で対策に取り組んでいく必要があるとされています。
国を挙げての対策としては、大気汚染防止法などが制定され、排出規制や総量規制が行われています。
さらに、環境にやさしい交通体系を作ろう、という取り組みも行われています。代表的なものに、国や地方公共団体において、バス利用の推進や低公害車の導入、パークアンドライドの推進など環境問題に配慮した交通施策の取り組みがあります。

大気汚染問題は人類が気にするべき問題です。日常生活の中でも無理せず行える対策はありますので、一部をご紹介します。

公共交通機関を利用する

バスや電車などの公共交通機関を積極的に利用することで、大気汚染物質の発生源となる自動車の交通量を減らせます。また、必要なときだけ車を利用する「カーシェアリング」などの方法もあります。

自宅で省エネを意識する

自宅でも省エネを意識することで、電力発電時などに発生する大気汚染物質の排出を減らせるとされています。

  • 電化製品のスイッチをこまめに切る
  • LED電球に変える
  • 余熱を利用して料理をする
  • 下ごしらえには電子レンジを利用する など

再生可能エネルギーを選ぶ

個人ができる身近な対策の1つが、「再生可能エネルギーを取り扱っている電力会社に切り替えること」です。再生可能エネルギーには、風力、地熱、太陽光などがあり、これらを使って発電している電力会社も多くあります。個人が再生可能エネルギーを取り扱う電力会社に切り替えるだけでも、環境問題への対策となるでしょう。

特に、さまざまなプランが用意されている新電力会社では、自分にあったお得なプランを見つけられることでしょう。新電力会社は、電力自由化以降に登場した電力会社で、月々の料金プランが大手電力会社に比べて抑えられている所が多く、再生可能エネルギーを選べる以外にもメリットがあります。
また、直接的な自然エネルギー調達以外にも電気を使う需要家がCO2削減効果に貢献できる仕組みとして非化石証書などを活用し実質的に再生可能エネルギーを供給するサービスも存在します。

新電力会社への切り替えは、申し込むだけで簡単に行えます。Webからでも申し込める新電力会社も多いため、自宅にいながら簡単に切り替えが可能です。
Webサイトを見ればどんな再生可能エネルギーを取り扱っているのかなどの情報が開示されているので、しっかりチェックしましょう。

まとめ

大気汚染が進むと、人間の健康や環境に悪影響を与えてしまいます。一人ひとりができることは小さいですが、身近なことから取り組んでいく姿勢が大切です。
私たちが気軽に取り組める身近な対策として効果的なのが「再生可能エネルギーへの切り替え」とされています。再生可能エネルギーを取り扱っている新電力会社に切り替えるだけなので、個人でも簡単に行えます。
手続きはWebからでも手軽に行えますので、まずは検討してみてはいかがでしょうか。

電気代削減シミュレーションをしてみる ▶
「リミックスでんき」のecoエネプランで環境にいい(優しい)エネルギーを

新電力カテゴリの最新記事