月々の固定費を節約!保険の見直しで毎月の保険料を節約

月々の固定費を節約!保険の見直しで毎月の保険料を節約

「医療保険や生命保険は加入したきり見直していない」という方も多いのではないでしょうか。しかし、保険は日々さまざまな商品が登場しているので、見直すことで固定費の節約になることも多いです。今回は、月々の保険料を見直すコツなどをご紹介します。

保険の見直しが節約につながるワケ

もしもの時の備えとして保険に入っている方も多いかと思います。しかし加入したきり保険の見直しを行っていないと、現在のライフスタイルに合っていないプランになっている可能性があります。
たとえば、子供が独り立ちした後は、死亡一時金の減額などを行うことで、保険料を節約できます。
定期的に保険を見直すことで、保険料の節約の他、現在のニーズに的確に備えることができるのです。

ライフステージの変化に合わせよう

結婚した、子供が産まれた、子供が独り立ちしたなど、人生にはいくつかのステージがあります。これらのライフステージは、保険を見直す絶好の機会です。
たとえば子供が増えた場合、生命保険の必要保障額を増やす方が多いです。しかしその分負担する保険料が増えてしまいます。その時に、保険を取るか、保障内容を最低限のものにして貯蓄に回すかなど、家庭によって選択は違うでしょう。
特に子供が小さい家庭の場合、万が一の貯蓄が大切です。いくら保証が手厚くても、貯蓄ができないような家計状況であれば保険を見直して貯蓄に回す必要があるでしょう。

保険料を節約するポイント

では具体的に保険料を節約するためには、どのような見直しを行えばいいのでしょうか。ここでは保険の見直しをして保険料を節約するためのポイントをご紹介します。

必要な保障があるか確認する

保険はもしもの時の備えです。そのためまずは自分にとって必要な保障があるかどうか確認しましょう。「自分でもいつ入ったか覚えていない」というような保険では、たとえば今の医療制度にマッチしていないなどの可能性があります。
近年では、病院への入院期間は平均して短くなっている傾向にあります。そのため、「入院5日目から支払われる」などのプランだと、保険金が出ない可能性もあるのです。短期保険や通院に関してもきちんと保障されるような見直しを行いましょう。

不要な特約は外す

保険は、主にメインの保障である「主契約」と、オプションである「特約」に分かれています。主契約は原則として1つですが、特約は必要なだけ付けられます。
そのため「心配だからとりあえず付けておこう」と、複数の特約を付けている方も多いです。しかし、特約にも料金がかかります。見直しを行う際には、まずこの特約を細かく確認し、不要なものは外すようにしましょう。

保険料は最適か確認する

保障内容は十分でも、保険料の支払いが高額になり家計を圧迫していては意味がありません。月々の固定費となる保険料は、少なからず負担となるものです。
そのため貯蓄と保険料のバランスが最適かどうかの確認も定期的に行いましょう。たとえば子供にお金がかかるときは、貯蓄の方に重きを置くなど、ライフステージに合わせた見直しが必要といえるでしょう。

保険料の支払い期間を見直す

保険料の支払い方法には、年払い、半年払い、一次払いなど、さまざまな支払い方法が用意されていることが多いです。
一般的に同じ保証であれば、年払いや半年払いの方が、保険料が安い傾向にあります。
特に個人年金保険や終身保険などは、年払いなどにすることで返戻金が上がることも多いです。これらは保険会社やプランによって異なるので事前に確認しましょう。クレジットカード払いを利用して、ポイントを貯めるのもおすすめです。

複数の保険会社を比較する

同じような保険内容でも、保険会社が異なれば保険料が異なることも多いです。そのため保険の見直しを行う際には、複数の保険会社を比較検討するのがおすすめです。

月々の固定費も見直してみよう

月々の固定費には、保険料以外にもさまざまな費用がかかっています。節約したいと考えているのであれば、他の固定費の見直しも行ってみましょう。
その中でまず見直しを行いたいのが電気代です。たとえば、今の電力会社から新電力会社へ切り替えることで、電気代の大幅な節約が期待できます。新電力会社はお得なプランが多く用意されていることが多く、オンライン上で金額シミュレーションも出来るので、手軽に見直しが行えます。「月々の固定費を節約したい!」という方は、次に電力会社の見直しを行ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

保険は一度加入すると、なかなか見直しを行わないという方も多いです。しかし定期的に見直しを行わないと、現在のライフプランに合っていないこともあります。
特に年齢や生活に変化ができた時などには保険の見直しを行うようにしましょう。
さらに月々の固定費を節約したいなら、電気代の節約も検討してみるのがおすすめです。電気代は、電力会社を変えるだけで簡単に節約できることが多いです。オンライン上で簡単に手続きできますので、ぜひ一度検討してみてくださいね。

電気代削減シミュレーションをしてみる ▶
「リミックスでんき」に切り替えるだけで月々の電気代が断然おトク! 基本・従量料金 最大5%OFF

節約カテゴリの最新記事