ふるさと納税で賢く節約!食費を抑えるコツも

ふるさと納税で賢く節約!食費を抑えるコツも

応援したい自治体に寄付することで、所得税の還付や住民税の控除を受けることができる「ふるさと納税」。多くの返礼品も選べることから、節約方法としても人気です。しかし「納税」という響きから、「難しそう」「手続きが大変そう」と思い、手を出せていない人も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、ふるさと納税を活用して家計節約ができる理由、節約につながるお得な方法などをご紹介します。

自己負担2,000円で節税!ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄付ができる制度です。寄付を行い、所定の手続きを行えば、実質2,000円の負担金で所得税の還付や住民税の控除が受けられます。
また多くの地域では返礼品を用意しているのが特徴です。各地の名産品を楽しめるのも、ふるさと納税の魅力でしょう。お米やお肉など、食品も多数用意されているので、食費の節約も期待できます。

ふるさと納税で家計の節約ができる理由

「ふるさと納税は節約に効果的」とよく言われますが、実際にどういった点がお得なのでしょうか。ここではふるさと納税が家計の節約につながる理由についてご紹介します。

税金が控除される

ふるさと納税は、控除上限額内で寄付を行えば、合計寄付額から2,000円を引いた額に応じて所得税の還付や住民税の控除が受けられます。節税をしたい方にもぴったりの制度です。
ただし控除上限額は収入や家族構成によって変わってきますので注意しましょう。

返礼品がもらえる

ふるさと納税のお楽しみといえば返礼品ではないでしょうか。地域ごとにさまざまな返礼品が用意されており、名産品などをもらうこともできます。
実質負担金2,000円で全国各地の名産品をもらえるので、とてもお得な制度です。

食品系も充実!ふるさと納税の選び方

ふるさと納税には、全国各地のさまざまな返礼品が用意されています。食品、日用品、工芸品、美容アイテムなど、好みによって選べるのが魅力です。
食費を抑えたいなら種類の多い食品系がおすすめです。ここではどんな返礼品があるのか、一例をご紹介します。

食費の節約にも効果的「お米」

毎日のように消費するお米は、食費の中で大きな割合を占めているご家庭も多いのではないでしょうか。ふるさと納税は、お米の返礼品が充実しています。
有名なブランド米からその地域のお米食べ比べセットなど、さまざまなラインナップの中から選べるのが魅力です。また精米済みのお米だけでなく、玄米などをもらえる自治体もあります。

子供も喜ぶ!「お肉」

返礼品の中でも人気なのがお肉です。牛肉・豚肉・鶏肉など豊富な種類の返礼品が用意されています。「食費を浮かせたいからたくさん量が欲しい」「ちょっと良いお肉が食べたい」など目的に応じて選べます。
またハムやソーセージ、ハンバーグなど、加工品などもあります。

カニなどの高級食材もある「魚介類」

ふるさと納税ではカニやうなぎなど高級食材なども人気です。海が近い地方から新鮮な食材が届くので、ちょっと贅沢したい時にもぴったりです。
また干物やかまぼこ、寿司、貝類など、種類も豊富なので、選ぶ楽しみもあります。

全国各地の銘酒が味わえる「お酒」

お酒が好きな人は、全国各地の銘酒が味わえるお酒の返礼品がおすすめです。ビール、日本酒、焼酎、ワインなど種類が豊富なのも魅力です。
その土地に行かなくても、その土地ならではの味が楽しめるのがいいですね。

ちょっと味を変えたい時にも便利「調味料」

地域によって意外と特色があるのが「調味料」ではないでしょうか。ふるさと納税はその地域ならではの調味料の返礼品も豊富にラインナップされています。

ふるさと納税の注意点

「今年はふるさと納税をしてみよう!」とお考えの方は、まず寄付の上限金額をシミュレーションしてみましょう。税金の控除や還付になる上限金額を超えてしまうと、超過分は控除・還付になりません。寄付金額がすべて自己負担となってしまうので気を付けましょう。
上限金額は所得や家族構成など、条件によって異なります。インターネットでシミュレーションできるサイトがあるので、納税前に計算しておきましょう。

さらに節約するには新電力会社への切り替えもおすすめ!

さらに家計の節約を考えているなら、新電力会社への切り替えもおすすめです。電力会社を切り替えるだけで、電気料金が安くなることも多いです。
電力会社の比較はインターネット上で簡単にできます。地域や生活スタイルによってお得な会社やプランが異なるので、ぜひチェックしてみましょう。

まとめ

ふるさと納税は、誰でも簡単にできる節約・節税方法です。自己負担金2,000円で、お肉やお米など全国の返礼品がもらえるので食費の節約にもぴったりです。
さらに節約を考えているなら電力会社の切り替えもおすすめです。電力会社を切り替えるだけで、電気料金が安くなる可能性があります。
電力会社を切り替えたら電気代がどのくらい変わるのかのシミュレーションがインターネット上で簡単にできるので、ぜひ試してみてはいかかでしょうか。

電気代削減シミュレーションをしてみる ▶
「リミックスでんき」に切り替えるだけで月々の電気代が断然おトク! 基本・従量料金 最大5%OFF

節約カテゴリの最新記事