急なリフォーム費用にも慌てない!節約と積み立てのススメ

急なリフォーム費用にも慌てない!節約と積み立てのススメ

長く暮らしていると、家にもメンテナンスが必要となります。
「リフォーム費用って、どのくらい必要なの?」
「急にリフォームが必要になったとき、対応できるか心配」
など、リフォームに対する不安があるという人には、あらかじめ必要となる費用を確認しておくことをおすすめします。
おおよその金額を知っておけば、それに備えることができ、必要以上に不安を感じたり、多めに蓄えなくてはとストレスを感じる必要もありません。

リフォームが必要となる場所とは?

住んでいるうちに、設備が劣化していくことは仕方のないことです。
いくら節約をしたいと思っていても、家を守るためにもリフォーム費を節約することはできません。必要経費と考えて、備えておきましょう。

リフォームが必要になりやすい箇所としては、トイレや壁などが挙げられます。
ここからは、生活必需品であるトイレと、部屋の雰囲気を大きく左右する壁紙の劣化や故障に対するリフォームについて、解説します。

トイレのリフォーム時期とその費用

トイレにリフォームが必要となる時期は、10年ほどとされています。
トイレの便器やタンクは陶器でできていますから、割れなければ長く使用することが可能です。
では、どこをリフォームするかというと、ウォシュレット部分となります。

最近は、どこのトイレにも当たり前のようにウォシュレットが備え付けられていますが、ウォシュレットは家電的なポジションにあり、耐用年数は10年ほどを目安と考えられています。トイレのリフォームは、ウォシュレットが故障したタイミングで検討を始めたというケースが多いようです。

トイレをリフォームする際には、便座やトイレタンクだけを交換するのか、壁紙や床なども新しくするのかで費用が大きく変わってきます。
また、便器やタンクといった本体価格、工賃のほかに、不要となったトイレやタンクの引き取り料金が必要になるケースもありますので、心配な人は見積もりの段階で確認しましょう。

・タンクだけ交換
タンクだけ交換する場合の費用は、およそ10万円です

・タンクと便器両方を交換
タンクと便器を一度にセットで交換する場合、費用は15万円から30万円が相場となっています

・タンクレストイレに交換
タンクレストイレに交換する場合は、20万円から40万円ほど必要です

壁紙の貼替え期とその費用

「ペットが壁に傷をつけたので、貼替えたい」
「黄ばんできたので、新しい壁紙に貼替えたい」
壁紙の貼替えを検討するタイミングは、人によってさまざまですが、一般的には10年が目安といわれています。

壁紙の貼替え費用は、標準的な品質のもので1平米あたり1,000円~2,000円程度とされています。最近は、部屋の帖数で価格を表記している業者もありますが、天井の高さが違うと平米数が変わるため、料金としては変動する可能性があるということを理解しておきましょう。
一般的な6帖の部屋の壁紙貼替え費用は、4万円~6万円程度となります。

DIYでリフォームは可能?

リフォーム費用を少しでも節約したいため、DIYで出来ないかと考えている人も多いのではないでしょうか?
トイレのリフォームは、節約のためにDIYすることも可能です。たとえば、ウォシュレットの便座を家電量販店などで購入して、自分で取り付ければ工事費は抑えることができます。
トイレタンクも、自分で購入して交換することは可能です。

また、壁紙の貼替えについてもDIYで自分で貼替えることもできます。最近は、100円ショップでも色々とおしゃれな壁紙が販売され、比較的簡単にリフォームもでき、失敗しても許容される範囲の価格帯のため、DIY初心者でも比較的挑戦しやすいのが、人気の理由です。
また、壁全面貼替えは難しくても、一部をデザイン的に貼替えることも可能です。簡単に部屋の雰囲気を変えて、気分転換できるDIYとなっています。
DIYが好きな人は、自分でリフォームすることで費用を節約することもできますから、ぜひ検討してみてください。

リフォーム費用を少しずつ積み立てておこう

リフォームが必要になったときに、急に費用を捻出するのは厳しいという人は多いのではないでしょうか。
家を購入したり、引っ越した際に「10年後にリフォームが必要になる箇所」「20年後にリフォームが必要な箇所」というようにリストアップし、リフォーム費用を少しずつ積み立てておくと、いざというときに慌てずに済むのでおすすめです。
リフォーム費を積み立てるほどの余裕がないという場合は、家計全体の見直しをしてみましょう。
たとえば、電気代を見直す場合、新電力会社と呼ばれる電力自由化後に誕生した電力会社に切り替えるのも、一つの方法です。
新電力会社は激しい価格競争が繰り広げられているため、消費者にとっては大変コストパフォーマンスの高い、魅力的なプランが数多くあります。
契約を見直すときには、ぜひ複数の新電力会社を比較・検討して、料金プランやキャンペーンなどが充実しているところを選ぶようにしましょう。
このように、月々の電気代の見直しは、日々の節約に直結します。新電力会社を賢く選んで、リフォーム費用の積み立てをスタートさせましょう。

電気代削減シミュレーションをしてみる ▶
「リミックスでんき」に切り替えるだけで月々の電気代が断然おトク! 基本・従量料金 最大5%OFF

生活費カテゴリの最新記事